多摩美術大学 須永研究室兼CREST研究室の研究活動日誌


by mkoba79
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

design for way finding

7月オープンキャンパスで計画している「かえり道のアートスペース」。今回は、核となる表現活動のみならず、参加者が表現の場へやって来るまでの経験をデザインしたい。そのために4年生の戒能くんがいろんなアイデアを考えて提案。
f0113723_17265057.jpg
[PR]
# by mkoba79 | 2011-05-23 17:18 | 開発ミーティング
来月6月に千葉工業大学で行われる日本デザイン学会第58回大会で学生を対象とした「未来のためのワークショップ」が実施されます。興味のある方は、下記概要をご覧のうえ、お申し込みください。なお、ワークショップへの参加は学生優先。大人の方は 6月25日(土)の午後におこなうプレゼンテーションへご参加ください。

写真:ワークショップのプログラムを練っているところ
ワークショップ実施までの活動は「未来のためのワークショップBlog」にUPしています。f0113723_1204444.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本デザイン学会 第58回春季研究発表大会
学生交流セッション A
未来のためのワークショップ

●アドバイザー
岡本誠(はこだて未来大学)
原田泰(千葉工業大学)
小早川真衣子(多摩美術大学 CREST)
佐藤優香(国立歴史民俗博物館)

●概要
目の前のコンテンツとの関わり方、さらにはそこから得られた
価値を社会化していくためのデザインを探るワークショップ。
テーマは「歴史博物館」を想定し、フィールドワーク、表現、
発表、 ディスカッションまでを大会期間中に実践する予定。
情報デザイ ン、建築デザイン、情報工学、認知科学、
教育工学など、様々な分 野の学生が、専門家とともに膝を
突き合わせて目の前の対象を デザインしていく場をつくり、
分野と世代を超えた交流をめざします。

●スケジュール
6/24(金)10:00京成佐倉駅 集合
国立歴史民俗博物館でのフィールドワークとディスカッション

6/25(土)09:30千葉工業大学 津田沼キャンパス 集合
前日の体験をふまえて、表現活動を行います
15:10-17:10学会会場での発表、ディスカッション

●参加費
500円
口頭発表を聴講する場合は、
500円以外に大会参加費(4000円/非会員・学生)が必要です。

●申込先(先着30名)
http://www.design-cit.jp/jssd/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このワークショップは、昨年10月にサービスデザインの国際会議ISIDC(函館)で行ったVX Workshop の発展系(になるはず…)です。VX Workshop の様子はこちらのリアルタイムペーパーから見てみてください。
[PR]
# by mkoba79 | 2011-04-16 18:50 | ワークショップ
「かえり道のアートスペース」(2011年2月メディア芸術祭協賛展)の多摩美オープンキャンパス版を今年7月に開催することになりました!!参加していただけるのは、多摩美大オープンキャンパスの来場者。例年、5000人あまりの受験生や保護者、他大の学生さんが来校します。そこでは、バージョンアップしたプログラムや表現ネビュラを使った来場者の交流をめざします。楽しんでいただけるよう、現在デザイン開発を進めています。乞うご期待!

多摩美術大学 オープンキャンパス 2011年7月16日・17日(金・土) 八王子キャンパス

写真:前回の良い所、反省点を基にしたアイデア出し
f0113723_11493444.jpg
[PR]
# by mkoba79 | 2011-04-13 11:33 | ワークショップ
バタバタしている間に、新しい年度になりました。
久々に記事を書きます。

◉まず、3/11東日本大震災について。
今回の震災に際し、さまざまなことを研究室でも話し合うようになりました。
私たちにできること、できないこと…
1日も早い復旧復興を願っています。

◉次に、Zuzieワークショップ@インタラクション2011の中止について
今回の震災を受けて、3/12に予定していたZuzieワークショップ@インタラクション2011は中止となりました。研究者の方々に楽しんでもらう、また宣伝させていただける機会と思って準備していたので、とても残念です。でも、きっと次があるでしょう。

小早川真衣子
[PR]
# by mkoba79 | 2011-04-01 11:20
先端技術ショーケース かえり道のアートスペース(2/2〜13)★終了★

たくさんの方にご来場いただき、そのうち6000人の方々が自分の体験を描いて帰ってくださいました。また、展示運営には須永(CREST)研究室の他、神戸芸工大、千葉工大、工芸大の先生や学生さん、中学生ファシリテータの皆さんが関わってくださいました。ありがとうございました!!!

約3000枚の表現カードと属性を集積した表現ネビュラや「活動のかがみ」ことRTV(リアルタイム・ビデオ)はこちら↓からご覧いただけます。
かえり道のアートスペースWEB
f0113723_11555682.jpg
[PR]
# by mkoba79 | 2011-02-24 11:57
2月最初の2週間、須永研究室(CREST研究室)が中心となり、
国立新美術館(六本木)で参加体験型の展示をおこないます。
誰でも参加可能ですので、是非足をお運びください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先端技術ショーケース'11「かえり道のアートスペース」

この先端技術ショーケースでは、来場する皆さまが
表現する空間を提供します。メディア芸術祭のさまざまな
作品に感動し、触発されたかえり道、その気持ちを小さな
カードに表現してみてください。

アートスペースに集まった小さなカードたちが結びつき、
大きな星雲(ネビュラ)を創りだします。そこに、人々の
表現を未来へ広げる、さまざまな視点がみつかるはずです。

<開催概要>
【主催】文部科学省、国立新美術館、独立行政法人科学技術振興機構
【協力】多摩美術大学
【日時】2011年2月2月(水)~2月13日(日) ※2月1日は内覧会 ※ 2月8日(火)は休館日
【開館時間】 10:00~18:00(入場は17:30まで)
      ※ 毎週金曜は20:00まで(入場は19:30まで)
【会場】国立新美術館 企画展示室2E(文化庁メディア芸術祭会場内)
アクセス
【入場料】無料

本展示は独)科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST)
「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」研究領域(総括:
原島博/東京大学名誉教授)が主管しており、第14回文化庁メディア
芸術祭の協賛展として開催されます。今年度は、当該領域に所属する
多摩美大須永が代表を努めます研究チーム(メディア・エクスプリモ)が、
来場者の表現の場を構築する研究実践として企画実施します。
期間中に来場する3万人近くの人々が表現する場を構築し、そこに生ま
れる表現とその関係性を外化し、アートコミュニケーションを促進する
試みです。会期中、足をお運びいただけない方も、こちらのウェブサイ
ト↓からネビュラやムービーをご覧いただけます。
かえり道のアートスペースWEB


デザイン・開発・運営
須永剛司1)、小早川真衣子1)、濱崎雅弘2)、古堅真彦3)、敦賀雄大1)、高見知里1)、家近詠子1)、

サウンド
加治洋紀1)

ムービー
原田泰4)、曽和具之5)

1)多摩美術大学、2)産業技術総合研究所、3)岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー、4)千葉工業大学、5)神戸芸術工科大学


■関連のウェブページ
文化庁メディア芸術祭
デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術領域
メディア・エクスプリモ
[PR]
# by mkoba79 | 2011-01-27 22:27 | ワークショップ

学生スタッフ研修会

かえり道のアートスペース運営の要、学生スタッフの第1回研修会をおこないました。
内容は、以下のとおり。実際の機器を使いながらの研修です。が、表現ネビュラはまだ…。
1.概要説明
2.表現カードの制作・取り込み・表現ネビュラを使ったタグ付け
3.シフト決め
4.ポロシャツサイズ合わせ

日時:1月19日(水)14:30〜17:00
場所:多摩美術大学(八王子)メディアセンター4F CREST研究室

f0113723_120571.jpg
[PR]
# by mkoba79 | 2011-01-19 11:59

スクリーンの投影テスト

今回のイベントでは、コンテンツとなる表現ネビュラとムービーを2面に投影します。この日はダミーの映像を使ってテスト。レクチャーホールAにて。f0113723_22355614.jpg
[PR]
# by mkoba79 | 2011-01-17 22:34

表現ネビュラ

表現ネビュラの開発も余裕なし。それでも、実践前の共同が一番面白い…と感じますf0113723_22411221.jpg
[PR]
# by mkoba79 | 2011-01-14 22:38

2011須永ゼミ

須永ゼミは4月を待たずに、始まります。
今日は、Pcific-Rim(米国)帰りの新野くんと駒田くん、戒能くんが出席。

<須永談>
学生さんたちの心意気には2つある
・できることをみがく
・今できないことをできるようにする

このゼミでは、2つめをやりたい。
新しいものを手に入れる。結構つらいのだけど。
例えば、ソフトウェアを設計すること。

デザイン=構想(イメージ)+造形(かたち、うごき)+設計(仕組み)
そのための方法=プロトタイピング、アクティングアウト(つくってみる、やってみる)

人工物+経験(活動、人の行為)を一緒に学んでほしい。
[PR]
# by mkoba79 | 2011-01-07 10:23 | 大学ゼミ